コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享保尺 きょうほうじゃく

大辞林 第三版の解説

きょうほうじゃく【享保尺】

享保年間、徳川吉宗が紀州熊野神社の古尺を写して天文観測に用いたと伝えられる尺。一尺は30.363センチメートル。 → 又四郎尺折衷せつちゆう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の享保尺の言及

【尺貫法】より

…しかし,江戸時代には尺度については何の規制もなく,そのため幕末には同じく曲尺と呼ばれる尺の長さに差があった。その一つは享保尺といい,徳川吉宗が熊野の神庫から見いだした尺の写しとされ,一つは又四郎尺と呼ばれるもので,室町時代の尺工又四郎の手になるものとされ,その1尺は享保尺の1尺4厘であったという。さらに折衷尺と呼ばれるものがあり,これは伊能忠敬が1800年(寛政12)ころ日本海岸絵図の作成に当たって用いたとされ,その1尺は享保尺の1尺2厘であったという。…

※「享保尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

享保尺の関連キーワード徳川吉宗又四郎尺折衷尺

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android