コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲尺 かねじゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲尺
かねじゃく

とも書き,指金 (さしがね) ,かねざし,まがりがねなどともいう。大工職などの使うものさし。直角に曲り L 字形をしている。表目盛りと裏目盛りがあり,表目盛りは尺 (現在はメートル法) で普通の目盛り。裏目盛りは表目盛りの √2 倍の目盛りが刻まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かね‐じゃく【曲尺/×矩尺】

直角に折れ曲がった形に作り、表には正規の目盛り表目(おもてめ)を、裏にはその倍(角目(かくめ))や1/π倍などの目盛りを刻んだ金属製の物差し。直角定規を兼ね、木工・建築で用いる。大工金(だいくがね)。曲がり金。差し金。かねざし。かね。きょくしゃく。
長さの単位の一。1尺は約30.3センチ。日本の伝統的尺度で、古代からほとんど変わっていない。

きょく‐しゃく【曲尺】

かねじゃく(曲尺)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

曲尺【かねじゃく】

(1)差金(さしがね)とも。L字形の金属性のものさし。長いほうを長手(ながて),短いほうを妻手(つまで)または横手という。裏に(式1)倍などの目盛を刻んであるので,原木の直径から取れる角材の幅を知るなど用途が広い。
→関連項目規矩術木工具

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かねじゃく【曲尺】

直角定規を兼ねた金属性のものさしをいう場合と,尺の単位で目盛られたものさしをいう場合の二通りある。(1)直角定規を兼ねた金属性のものさし。直角をだすための木工用の道具を古く中国では矩(く)といい,帯状の薄い金属板を直角に曲げた形に作ってあり,これに目盛をつけたものであり,かねざし,曲り尺ともいい,矩尺,鉄尺などとも書いた。長短2本の枝から成り,1尺2寸ないし1尺6寸程度の長さの長枝(ちようし)(長手(ながて))とその半分程度の長さの短枝(妻手(つまで))とから成り,幅は5分,厚さは2厘ないし3厘であり,古くは真鍮(しんちゆう)や鋼で,最近はステンレス鋼で作られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かねじゃく【曲尺/矩尺】

直角に曲がった金属製物差し。主として大工などの職人が用いる。表側はメートル法でミリ単位、裏側は表の目盛りに&√2;をかけた数(角目)と円周率で割った数(丸目)の目盛りが付き、丸太(まるた)の直径にあてれば、そこからとれる角材の一辺の長さや、その丸太の円周が瞬時にわかる。◇「指矩(さしがね)」「曲がり金」などともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の曲尺の言及

【尺貫法】より

… これらの単位は7世紀中国の唐令にならったものと見られているが,相違点もあり,また度,量,衡とも大小2系統あり,基準器も伝わっておらず,実際の大きさはわかっていない。東大寺所蔵の尺八などの計測から当時の大尺1尺は近代の曲尺(かねじやく)の約9寸7分であり,正倉院文書の記録などから大升1升は近代の約4合であったと推定されている。他方,質量の単位は日本を含め東洋では安定に保たれ,隋・唐以降1両は37.5g前後であったという。…

【ものさし(物差∥物指)】より

…角目は丸材の直径をはかってそれから得られる角材の1辺の長さを知るための目盛で,実目盛に対して倍に目盛られている。丸目は実目盛に対して1/π倍に目盛られている(曲尺(かねじやく))。 たたみ尺は数片を連接して折りたためるようにしたものさしで,折り尺,箱尺,スタジア尺などがある。…

【曲尺】より

…この目盛を丸目といい,丸材の直径に当てれば,その丸材の周囲の長さを知ることができる。曲尺は従来尺貫法の尺で目盛られていたが,近年,メートル法によるものが作られるようになり,金属製の角度つきのものさしを曲尺と書いて,きょくしゃくと呼ぶこともある。これは直尺や巻尺などに対応することばで,形状による分類であり,目盛に無関係である。…

※「曲尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

曲尺の関連キーワード曲がり金・曲がり尺・曲り金・曲り尺差し金(建築・木工)曲がり差し・曲り差し曲がり尺・曲り尺駒沢利斎(4代)文木・文尺直角定規天平尺六尺間鉤の手高麗尺伊勢間几帳尺念仏尺呉服尺五寸釘矩の手一尺鯨尺菊尺

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android