京みょうが

デジタル大辞泉プラスの解説

京みょうが

京都府京都市で生産されるミョウガの長さが30cmほどと細長く、の色は黄色地にややを帯びる。香りがよく、みょうがご飯、天ぷらなどにして食する。江戸時代末期に、伏見区桃山の農民が、湧水を利用した軟化栽培を考案し栽培が広まったとされる。京都府により「伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

京みょうが[葉茎菜類]
きょうみょうが

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市伏見区桃山地区・城陽市で生産されている。江戸時代末期頃、伏見区桃山の茗荷屋平兵衛という農民が、湧水を用いて人工栽培することを思いついたのが始まりという。5月に貯蔵苗をに植え、9月下旬〜10月上旬に出荷する。その後、地上部が枯れたを掘り取り、12月下旬〜2月上旬のあいだ湧水をかけ流して育て、冬期にも出荷される。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android