コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京みょうが

1件 の用語解説(京みょうがの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

京みょうが

京都府京都市で生産されるミョウガ。芽の長さが30cmほどと細長く、茎の色は黄色地にやや紅を帯びる。香りがよく、みょうがご飯、天ぷらなどにして食する。江戸時代末期に、伏見区桃山の農民が、湧水を利用した軟化栽培を考案し栽培が広まったとされる。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京みょうがの関連キーワード桂うり陣田みょうが伏見とうがらし山科なす京都府京都市左京区黒谷町京都府京都市右京区嵯峨明星町京都府京都市下京区妙伝寺町京都府京都市下京区妙満寺町京都府京都市下京区夕顔町京都府京都市伏見区両替町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone