コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京みょうが

デジタル大辞泉プラスの解説

京みょうが

京都府京都市で生産されるミョウガ。芽の長さが30cmほどと細長く、茎の色は黄色地にやや紅を帯びる。香りがよく、みょうがご飯、天ぷらなどにして食する。江戸時代末期に、伏見区桃山の農民が、湧水を利用した軟化栽培を考案し栽培が広まったとされる。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

京みょうが[葉茎菜類]
きょうみょうが

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市伏見区桃山地区・城陽市で生産されている。江戸時代末期頃、伏見区桃山の茗荷屋平兵衛という農民が、湧水を用いて人工栽培することを思いついたのが始まりという。5月に貯蔵苗を畑に植え、9月下旬〜10月上旬に出荷する。その後、地上部が枯れた株を掘り取り、12月下旬〜2月上旬のあいだ湧水をかけ流して育て、冬期にも出荷される。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

京みょうがの関連キーワード京都府京都市近畿地方

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android