コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京丹後市立網野郷土資料館 きょうたんごしりつあみのきょうどしりょうかん

1件 の用語解説(京丹後市立網野郷土資料館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

きょうたんごしりつあみのきょうどしりょうかん 【京丹後市立網野郷土資料館】

京都府京丹後市にある資料館。昭和52年(1977)「網野町立郷土資料館」創立。平成16年(2004)より現名称。地域の考古・歴史・民俗資料を収集・保存し展示する。国指定史跡銚子山古墳出土の埴輪や蚕糸用具・織機、昭和2年(1927)の丹後大震災に関する資料などを展示。前身は昭和42年(1967)開設の「木津小学校民俗資料室」。
URL:http://www.city.kyotango.kyoto.jp/museum/aminokyodoshiryokan/index.htm
住所:〒629-3204 京都府京丹後市網野町木津823
電話:0772-74-0044

出典|講談社
日本の美術館・博物館INDEXについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone