京都名産すぐき

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

京都名産すぐき[根菜・土物類]
きょうとめいさんすぐき

近畿地方、京都府の地域ブランド。
すぐきかぶらの皮をむき塩漬けし醗酵させてなる京都産のつけもの。安土桃山時代、上賀茂神社の社家がすぐき蕪の種を手に入れ、上流階級の贈答品用として栽培していたという。当時、製法は門外不出であったが、江戸時代の飢餓の際に難民救済のため製法が広まった。すぐき菜は、京の伝統野菜。2006(平成18)年12月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5009697号。地域団体商標の権利者は、京都府漬物協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android