コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人と動物との共通感染症 ひととどうぶつとのきょうつうかんせんしょう

1件 の用語解説(人と動物との共通感染症の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

人と動物との共通感染症

動物から人へ、人から動物へと病原体が感染して起こる病気。人獣(畜)共通感染症ともいう。感染の病原体となる微生物寄生虫は、世界で約200種といわれている。日本ではペットの種類が多い割に、発生報告は比較的少ない。正しい知識と衛生面の注意次第で、ペットとの安全な暮らしができる。

(石田卓夫 日本臨床獣医学フォーラム代表 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人と動物との共通感染症の関連キーワード感染症エディアカラ動物群後生動物側生動物体節動物病原体自然免疫動物由来感染症SPF動物マラリア病原虫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone