人別(読み)ニンベツ

大辞林 第三版の解説

にんべつ【人別】

各人ごとにすること。めいめい。
「人別帳」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にん‐べつ【人別】

〘名〙
ごとにすること。人ごとに割り当てること。また、その割り当てるもの。にんべち。
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)閏一二月二九日・造石山院所解「廿人、採檜皮六十二囲〈人別三囲〉」
※政談(1727頃)一「若他国より養子合にして婿に来る者は、先の人別を除いて此方の人別に入るることなれば」
③ 住民の数。人頭。人口。にんべち。
※禁令考‐前集・第六・巻六〇・寛政八年(1796)四月「人別書上改正申渡并書上書式」

ひと‐わき【人別】

〘名〙 人を区別すること。人によって差別すること。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「人わきしけると思ふにいとねたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人別の関連情報