コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人別帳 にんべつちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人別帳
にんべつちょう

江戸時代の戸籍の称。戦国時代の諸大名のなかには富国強兵のために人別調を行なったものがあり,江戸幕府も初めは切支丹改のために人別改を行なったが,享保以後は主として人口調査 (ことに農民の移動防止) の目的で町村役人に子 (ね) および午 (うま) の年 (6年ごと) に管内の人別帳を作成させた。これは毎年作成させる宗門改帳とは目的も内容も異なるものであるが,のちには両者は混同されて,宗門人別帳などと呼ばれたこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にんべつ‐ちょう〔‐チヤウ〕【人別帳】

江戸時代、人別改帳簿。初期は、家畜・家屋なども記載。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にんべつちょう【人別帳】

江戸時代の人別改のための帳簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の人別帳の言及

【家出】より

…大坂心斎橋近くの菊屋町で,1835年(天保6)の住民127戸のうち,転出は29戸,うち家族全員の家出は4戸,単身の家出が1人である。家出がみられた場合,30日後に家族または町名主などから届出が出されて人別帳から除かれることになる。もっとも何年かたって立帰りとなって,ふたたび帳付けされる事例もみられる。…

※「人別帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

人別帳の関連キーワード帳外(ちょうがい)小笠原アンドレア宗門人別改帳敗者の武士道御図帳・水帳長谷川権六石本新兵衛悪夢の使者宗旨人別帳壬申戸籍寺檀制度渡瀬恒彦宗旨手形五人組帳江戸時代悪の狩人紅毛天狗流行心中地獄坂授口帳

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人別帳の関連情報