人工種子(読み)じんこうしゅし(英語表記)synthetic seed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工種子
じんこうしゅし
synthetic seed

植物組織培養によってつくられた不定胚を,成長ホルモンや栄養素とともにゼラチン状のカプセルに包んだもの。遺伝的に均一で有用な新品種が大量生産でき,各種薬剤や有用微生物などを種子内に包括することが可能になる。また天然種子に比べ輸送,貯蔵,播種が容易になった。そのため新品種開発をめぐって国際的な競争が激化している。日本では,農林水産省と民間企業による共同開発が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android