コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工血漿 じんこうけっしょうartificial plasma; plasma substitute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工血漿
じんこうけっしょう
artificial plasma; plasma substitute

代用血漿ともいう。出血などに際して血液増量の目的で輸液される治療薬で,血漿増量剤ともいわれる。生理食塩水などのようにすぐに毛細血管を通過して血管外へ出てしまわないように,デキストランポリビニルピロリドンアルギン酸,ゼラチン由来物質などを電解質塩類溶液に添加して粘度,浸透圧などを血漿に近似させた親水性コロイド溶液であり,急性出血,ショック,体液喪失による血液の濃厚化,熱傷,脱水などの治療に利用される。最近は人血から血漿の成分を分けて保存し,これらを配合して人血漿と同一の製剤を得ることもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人工血漿の関連キーワード代用血漿人工臓器

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android