コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工酵素 じんこうこうそsynzyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工酵素
じんこうこうそ
synzyme

酵素の持つ基質選択性,反応特異性,高効率性など優れた機能をモデルとして,分子設計し,合成される触媒。天然の酵素よりも優れた安定性・経済性などの実現が期待されている。サイクロデキストリンクラウンエーテルなどの包接化合物を基質取り込み部位に利用したもの,イミダゾール基高分子に導入して触媒機能を持たせたものなどが知られている。酵素の代替となるまでには数多くの問題を克服する必要がある。バイオミメティックケミストリーの重要な研究課題である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人工酵素の関連キーワードバイオミメティックス補酵素

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人工酵素の関連情報