コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人畜共通感染症 じんちくきょうつうかんせんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人畜共通感染症
じんちくきょうつうかんせんしょう

家畜や家禽などの動物と人類に共通して発生する感染症家畜から人へ,人から家畜へ相互に深い関連をもっており,社会生活上重要な疾病である。その種類は 80以上にも及び,感染症のほとんどがこれにあたるといっても過言ではない。特に家畜から人へ伝染するものは食生活上に重大な影響を及ぼす。たとえばねこ,豚を介してのトキソプラスマ症,ねずみを介してのレプトスピラ症などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じんちくきょうつう‐かんせんしょう〔‐カンセンシヤウ〕【人畜共通感染症】

人獣共通感染症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人畜共通感染症
じんちくきょうつうかんせんしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人畜共通感染症の関連キーワードカプノサイトファーガ・カニモルサス感染症鳥インフルエンザトキソプラズマ症動物由来感染症人獣共通伝染病パスツレラ症ブルセラ症