コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人的担保制度 じんてきたんぽせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人的担保制度
じんてきたんぽせいど

債務者以外の者の一般財産によって債務の履行を確保するための制度。物的担保制度に対するもの。保証債務 (民法 446以下) が典型的なものであるが,連帯債務 (432条以下) も人的担保の作用を営む。人的担保は,担保する者の一般財産 (債権者平等の原則に服する) の状態によって担保としての価値が左右されるので,担保者の人的要素への依存度が物的担保よりも高い。したがって,担保として決して完全なものではないが,担保物を有しない者の金融取引に際して,あるいは物的担保を補うために利用され,経済取引上重要な役割を果している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android