人的担保制度(読み)じんてきたんぽせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人的担保制度
じんてきたんぽせいど

債務以外の者の一般財産によって債務履行を確保するための制度物的担保制度に対するもの。保証債務 (民法 446以下) が典型的なものであるが,連帯債務 (432条以下) も人的担保作用を営む。人的担保は,担保する者の一般財産 (債権者平等の原則に服する) の状態によって担保としての価値が左右されるので,担保者の人的要素への依存度が物的担保よりも高い。したがって,担保として決して完全なものではないが,担保物を有しない者の金融取引に際して,あるいは物的担保を補うために利用され,経済取引上重要な役割を果している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android