物的担保制度(読み)ぶってきたんぽせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債務または第三者特定財産によって債務履行を確保するための制度人的担保制度に対するもの。抵当権質権譲渡担保が典型的なものである。人的担保においては,担保する者の一般財産の状態によって担保としての価値が左右されるが,これに対し,物的担保においては,担保目的となっている特定財産 (債権者平等の原則に服する) の有する確実な価値によって担保される。したがって,今日の経済取引においては,物的担保は人的担保に比較してはるかに重要な役割を果している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android