コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間=機械系 にんげん=きかいけいman-machine systems

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間=機械系
にんげん=きかいけい
man-machine systems

人間と機械との間に循環的な情報伝達が行われる場合,システム工学の観点から両者をあわせて人間=機械系という。人間の感覚特性,運動能力,学習能力,体力,知能などに適した特性をもつ機械を設計し,人間と機械との協同作業が成立するとき,人間は信号検出器,制御機構,効果器の一部としての役割を果す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android