人面瘡

大辞林 第三版の解説

じんめんそう【人面瘡】

人の顔の形をした悪性のできもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんめん‐そう ‥サウ【人面瘡】

〘名〙 人の顔のような形になるはれもの。にんめんそう。
※仮名草子・伽婢子(1666)九「左の股の上に瘡出来て、其形の人の貌(かほ)の如く、目口ありて鼻耳はなし、〈略〉世にいふ人面瘡(ジンメンサウ)とは此事なり」

にんめん‐そう ‥サウ【人面瘡】

〘名〙 膝頭にできる一種のはれもの。はれただれて人の顔のような形になる。また、傷口に飯粒を入れると痛みがとまるというところから、俗に、まんま食い、まんま食おうともいう。人面疔。じんめんそう。
※中華若木詩抄(1520頃)上「晁錯は人面瘡と云、かさになりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人面瘡の関連情報