コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人類共通法 じんるいきょうつうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人類共通法
じんるいきょうつうほう

人類に共通の普遍的な法律。多くの人がこれに言及しているが,内国裁判所における法の解釈との関係でそのための客観的で確実な準則たりうるものとしてこれを唱えた,S.サレーユのいわゆる droit commun de l' humanité civiliséeが著名である。これは具体的な法律にその根源をもつが,自然法に代る一つの理想法であり,比較法的考察のもとに抽き出された法的な諸解決,諸制度を内容とする。法律の欠缺あるときにのみ,また外国法を基礎とするときは内国法と調和するときにのみ,これによることが許されるといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android