コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国法 がいこくほう

2件 の用語解説(外国法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外国法
がいこくほう

外国の領域内で実施されている法律。もっとも国際私法により準拠法とされれば,内国の裁判所において適用され,またそのことにより内国において,裁判外の規範としても機能することになる。国際私法上,準拠法とされる外国法の内容の確定について,外国法を訴訟上の事実として扱い,当事者の主張・立証にゆだねるか,外国法も法として扱い,裁判所はその職務としてその内容を探知して適用しなければならないかについて見解の対立があるが,法として扱うべきであるとするのが通説である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外国法の関連情報