コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁伏[温泉] にぶし

1件 の用語解説(仁伏[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にぶし【仁伏[温泉]】

北海道釧路支庁弟子屈(てしかが)町にある温泉。純重曹泉,32~46℃。阿寒国立公園の中心をなす屈斜路(くつしやろ)湖の北東岸にあり,湖水に面した露天ぶろから和琴半島藻琴山などを眺められる。このほか屈斜路湖東岸には砂浜から温泉が湧く砂湯,赤湯,池ノ湯(純重曹泉,30~47℃)などがあり,近くの湖面にはハクチョウが飛来する。いずれも釧網本線川湯駅,石北本線美幌駅からバスの便がある。【榊原 貴士】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone