コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁伏[温泉] にぶし

1件 の用語解説(仁伏[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にぶし【仁伏[温泉]】

北海道釧路支庁弟子屈(てしかが)町にある温泉。純重曹泉,32~46℃。阿寒国立公園の中心をなす屈斜路(くつしやろ)湖の北東岸にあり,湖水に面した露天ぶろから和琴半島藻琴山などを眺められる。このほか屈斜路湖東岸には砂浜から温泉が湧く砂湯,赤湯,池ノ湯(純重曹泉,30~47℃)などがあり,近くの湖面にはハクチョウが飛来する。いずれも釧網本線川湯駅,石北本線美幌駅からバスの便がある。【榊原 貴士】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仁伏[温泉]の関連キーワードアトサヌプリ川湯温泉釧路支庁屈斜路湖弟子屈町摩周湖釧路公立大学弟子屈釧路空港釧路市動物園

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone