コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂湯 スナユ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂湯
すなゆ

特殊な温泉療法の一つで、砂蒸し、砂風呂(ぶろ)などともいう。海岸の砂浜に温泉が湧出(ゆうしゅつ)している鹿児島県の指宿(いぶすき)が有名で、温泉の地熱を利用した一種の発汗療法であるが、砂による機械的刺激をはじめ、大気療法や転地療法なども兼ねることになる。海浜の砂を掘ってその穴に着古しの浴衣(ゆかた)などを着て横たわり、首だけを残して砂をかぶせてもらう。蒸気浴や熱気浴に似るが、砂湯の温熱刺激はもっとも穏やかである。穴の深さによって温度が異なるほか、砂の上から温泉をかけてもらったりする。効能や禁忌は温泉療法に準ずる。指宿の天然砂蒸し温泉のほか、大分県の別府(べっぷ)や北海道の屈斜路(くっしゃろ)湖畔などが知られ、千葉県の白子(しらこ)町人工露天砂風呂のように、人工的に湿熱を与えた砂をかぶせる人工砂湯もある。[小嶋碩夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の砂湯の言及

【砂風呂】より

…温泉の湧出する砂浜などで全身を砂中に埋めて蒸し温める方法で,鹿児島県指宿(いぶすき)では〈天然砂蒸し温泉〉,大分県別府では〈砂湯〉(古くは沙湯)と称する。特に指宿では摺ヶ浜(すりがはま)を中心に汀線近くに泉源があり,南北約1kmにわたる砂浜で砂浴が可能である。…

※「砂湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

砂湯の関連キーワード仁伏[温泉]熊ノ川温泉湯原温泉郷亀川温泉屈斜路湖仁伏温泉別府温泉指宿湯治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂湯の関連情報