コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤湯 あかゆ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤湯
あかゆ

山形県南部、南陽(なんよう)市の一地区。旧赤湯町。古くからの温泉町であるとともに米沢(よねざわ)街道の宿駅として栄えた。「日本さくらの名所100選」に選ばれた烏帽子山(えぼしやま)公園やフナ釣りの白竜湖、日本銀行総裁などを務めた結城豊太郎の記念館があり、付近一帯はブドウの産地として知られる。[中川 重]
『『赤湯町史』(1968・赤湯町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤湯の関連キーワード南陽市立結城豊太郎記念館山形鉄道フラワー長井線日本のおもな郷土料理赤湯温泉(山形県)野沢温泉[村]石焼き唐辛子結城 豊太郎山形県南陽市仁伏[温泉]須藤 憲三湯沢(町)山形新幹線稲荷森古墳鳴子温泉郷結城豊太郎南陽[市]東鳴子温泉南陽(市)米山 文子正秀(1)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤湯の関連情報