コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁王経曼荼羅 にんのうきょうまんだら

1件 の用語解説(仁王経曼荼羅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁王経曼荼羅
にんのうきょうまんだら

仁王般若経』に基づいて鎮護国家を祈る密教の修法の際,本尊として用いる曼荼羅教王護国寺講堂に並ぶ五仏,五菩薩,五大明王四天王と梵釈二天を加えた 21尊像から成る『仁王経曼荼羅』は空海の創意によるものであるが,一般に用いるのは,内院中央に主尊の不動明王,第二院四方に四大明王を配し,外院に四摂,四供養菩薩,四天王,帝釈天,さらに災害と関係の深い火,水,風の三天を加えた三重方式の曼荼羅で,醍醐寺などに平安時代後期の遺例がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁王経曼荼羅の関連キーワード三部経鎮護国家仁王会仁王般若経大般若経大般若経会仁王経仁王講仁王般若会《仁王般若経》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone