コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動明王 ふどうみょうおう Acala

7件 の用語解説(不動明王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不動明王
ふどうみょうおう
Acala

サンスクリット語のアカラ (ヒンドゥー教のシバ神の名,音写「阿遮羅」) を漢訳し,五大明王八大明王の主尊として造形化されたもの。不動,不動尊などと略称する。密教で信仰される明王で,大日如来が衆生を教化する際に,通常の姿のままでは教化できないので忿怒相をもって現れたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふどう‐みょうおう〔‐ミヤウワウ〕【不動明王】

《〈梵〉Acalanāthaの訳》五大明王八大明王の主尊。大日如来の命を受けて魔軍を撃退し、災害悪毒を除き、煩悩(ぼんのう)を断ち切り、行者を守り、諸願を満足させる。右手に利剣、左手に縄を持ち、岩上に座して火炎に包まれた姿で、怒りの形相に表す。両眼を開いたものと左眼を半眼にしたものとあり、牙(きば)を出す。制吒迦(せいたか)矜羯羅(こんがら)の二童子を従えた三尊形式が多い。不動尊。無動尊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

不動明王【ふどうみょうおう】

仏教守護の明王。無動尊・無動使者・不動尊とも。《大日経》では明王中の最高とされる。その起源はシバ神に関係ありとされるが未詳。忿怒(ふんぬ)の姿で火焔の中にあり,右手に剣,左手に索縄を持ち,心の内外の悪魔をはらう。
→関連項目康尚宅磨栄賀明王

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

不動明王 ふどうみょうおう

密教の明王。
大日如来の化身として,すべての悪と煩悩をおさえしずめ,生あるものをすくう。忿怒(ふんぬ)相で,右手に悪をたちきる剣を,左手に救済の索をもち,ふつう火炎を背負う。日本では平安時代初期からひろく信仰され,現在もつづいている。五大明王のひとつで,中央に位置する。不動尊ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふどうみょうおう【不動明王】

サンスクリット名アチャラナータAcalanāthaの漢訳で,発音に従い阿遮羅囊他と記す場合もあるが,不動金剛明王,不動尊,無動尊,不動使者,無動使者とも訳す。もとはインド教シバ神の異名で,仏教はこれを大日如来の使者としてとり入れた。如来の命を受けて忿怒の相を表し,密教の修行者を守護し助けて諸種の障害を除き,魔衆を滅ぼして修行を成就させる尊像とした。形像は,右手に剣,左手に羂索(けんさく)を持ち,青黒色の全身に火焰を負う姿が一般的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふどうみょうおう【不動明王】

〘仏〙 五大明王・八大明王の主尊。悪魔を下し、仏道に導きがたいものを畏怖せしめ、煩悩を打ちくだく。菩提心の揺るがないことから不動という。仏や真言行者によく仕えることから、不動使者ともいう。猛々しい威力を示す怒りの表情を浮かべ、右手に剣、左手に羂索けんさくを持つ。石の台座にすわり、火生三昧にはいり、火焰を背負っている。阿遮羅あしやら。不動尊。無動尊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不動明王
ふどうみょうおう

ヒンドゥー教のシバ神の異名で、アチャラナータAcalantaといい、漢音で阿遮羅嚢他(あしゃらのうた)とあてる。アチャラは無動尊の意。大日如来(だいにちにょらい)の命を受けて忿怒(ふんぬ)相に化身(けしん)したとされる像で、密教では行者に給仕して菩提(ぼだい)心をおこさせ悪を降(くだ)し、衆生(しゅじょう)を守る。五大明王、八大明王では中央に位置する主尊。709年(中国の景竜3)に訳出された菩提流支(ぼだいるし)訳『不空羂索神変真言経(ふくうけんさくじんべんしんごんきょう)』第9巻によると、右手に剣を持ち、左手に索(縄)を持つ不動使者としての所説を初出とする。しかし図像化の原型となったものは、725年(開元13)の善無畏(ぜんむい)訳『大日経(だいにちきょう)』の所説「不動如来使者は慧刀(えとう)、羂索を持ち、頂髪が左肩に垂れ、〔目は〕一目(いちもく)にして明らかに見、威怒身(いぬしん)で猛炎あり。磐石(ばんじゃく)上に安住し、額に水波の相があり、充満した童子形もある」による。不動明王像は9世紀初め空海によりわが国に伝えられたが、不動信仰が盛んになったのは円珍(えんちん)以降である。円珍自身も金人(きんじん)といわれる黄不動を感得し、また図像も請来(しょうらい)した。不動明王の図像は火生三昧(かしょうざんまい)(火の燃えるような境地)に入った状態を表現したもので、いっさいの罪障を摧破(さいは)し、動揺しないので、姿勢は不動を表す。不動明王を中心に矜迦羅(こんがら)・制(せいたか)童子を脇侍(わきじ)に配した三尊形式が多く、坐像(ざぞう)・立像とも一面二臂(にひ)像が主流。一面四臂像などの異形も図像(『図像抄』『覚禅(かくぜん)抄』など)として伝わっている。形像については、淳祐(しゅんにゅう)(890―953)の著『要尊道場観』によると、不動明王像には、十九観(十九想観ともいう)が表現されていると説く。(1)大日如来の化身。(2)明(みょう)(真言)のなかにアa、ロro、ハームhm、マームmmの四字がある。(3)火生三昧に住する。(4)童子形で肥満。(5)頂に七莎髻(しちしゃけい)がある。(6)左に弁髪(べんぱつ)あり。(7)額に皺文(しゅうもん)あり。(8)左目を閉じ、右目を開く。(9)下歯、上の右唇を噛(か)み、下の左唇、外に翻じて生ずる。(10)その口を閉じる。(11)右手に剣をとる。(12)左手に索を持つ。(13)行人の残食を喫す。(14)大磐石に坐(ざ)す。(15)色醜くして青黒い。(16)奮迅忿怒する。(17)遍身に迦楼羅(かるら)炎がある。(18)変じて倶利迦羅(くりから)となり、剣を繞(めぐ)る。(19)変じて二童子となり、行人に給仕する。一を矜迦(こんが)羅、二を制迦という。十九観は『大日経』と『大日経疏(しょ)』によってつくられたという。
 不動明王図像の変容は、鎌倉時代になると、信海(しんかい)様とよぶ剣をついて岩に休止する像や、走り不動のように剣を担ぐ像など全身が動的になる。忿怒の表現では、大師請来様では両眼を見開き、二牙を上あるいは下に(同方向に)突出するが、その図像が彫刻・絵画でも守られている。しかし時代が下ると、半眼半開(いわゆるすが目斜視)が多くなる。不動明王の宝剣は倶利迦羅竜(くりからりゅう)王がまとい付いたもので、『倶利迦羅竜王経』(『大正蔵経』所収、第21巻)に所説があり、石山寺に平安期の図像が伝存している。明王が念じる功徳(くどく)力により竜を駆使し、またその化身として三昧耶形である。
 作例では三大不動の画像として青不動(青蓮(しょうれん)院、国宝)、黄不動(園城(おんじょう)寺、国宝)、赤不動(高野山(こうやさん)明王(みょうおう)院、国重文)が有名。不動法(息災・増益の修法)の本尊、また国家の安泰を祈る安鎮法として、成田山不動、目黒不動など全国に流布している。彫刻では教王護国寺(東寺)講堂、御影(みえい)堂の木造が最古の部類に属する。高野山の正智(しょうち)院の木彫は豊かな量感のある坐像として知られ、また南院の波切(なみきり)不動は空海帰朝の際守護したと伝える像として有名。鎌倉期に傑作が多く、快慶作の逸品が醍醐(だいご)寺にある。また不動明王を中尊に配置する仁王経曼荼羅(にんのうきょうまんだら)、安鎮曼荼羅があり、尊勝・弥勒(みろく)曼荼羅では下辺に描かれる。眷属(けんぞく)として八大童子を伴った不動八大童子も高野山(金剛峯寺(こんごうぶじ))に伝存する。[真鍋俊照]
『渡辺照宏著『不動明王』(1975・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の不動明王の言及

【縁日】より

…7月16日は閻魔王の大斎日(だいさいにち)とも称し,地獄信仰と盆行事とが習合している。不動明王は,大日如来の使者として,密教系寺院や,修験道の守護神としてまつられたが,毎月28日が縁日,初不動は参詣者が多い。虚空蔵は,毎月13日が縁日で,4月13日(旧3月13日)を十三参りと称し,13歳の女子の参詣が多い。…

【八大童子】より

不動明王につき従う8人の童子。八大金剛童子ともいう。…

※「不動明王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不動明王の関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学あちゃらかアチャラナータ古典サンスクリット古典サンスクリット文学サンスクリット化《サンスクリット大辞典》《サンスクリット文法》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不動明王の関連情報