仁王般若経(読み)にんのうはんにゃきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁王般若経
にんのうはんにゃきょう

仏教経典。十六大国は,鎮護国家のためには般若波羅蜜多受持すべきであると説かれている。また,この経を受持し講説すれば,災難を滅して幸福を得ると説かれているため,『法華経』『金光明経』とともに「護国三部経」として仁王会で用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にんのう‐はんにゃきょう〔ニンワウハンニヤキヤウ〕【仁王般若経】

大乗経典。漢訳に鳩摩羅什(くまらじゅう)訳「仁王般若波羅蜜経」(略称仁王経)2巻と、唐の不空訳「仁王護国般若波羅蜜多経」(略称、仁王護国経・新訳仁王経)2巻の2種がある。般若波羅蜜を受持することによって、国家の安穏が得られると説くため、「法華経」「金光明経」とともに護国三部経とされた。仁王経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android