仁王般若経(読み)にんのうはんにゃきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁王般若経
にんのうはんにゃきょう

仏教経典。十六大国は,鎮護国家のためには般若波羅蜜多受持すべきであると説かれている。また,この経を受持し講説すれば,災難を滅して幸福を得ると説かれているため,『法華経』『金光明経』とともに「護国三部経」として仁王会で用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にんのう‐はんにゃきょう〔ニンワウハンニヤキヤウ〕【仁王般若経】

大乗経典。漢訳に鳩摩羅什(くまらじゅう)訳「仁王般若波羅蜜経」(略称仁王経)2巻と、唐の不空訳「仁王護国般若波羅蜜多経」(略称、仁王護国経・新訳仁王経)2巻の2種がある。般若波羅蜜を受持することによって、国家の安穏が得られると説くため、「法華経」「金光明経」とともに護国三部経とされた。仁王経。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にんのう‐はんにゃきょう ニンワウハンニャキャウ【仁王般若経】

大乗仏教の経典。二巻。姚秦の鳩摩羅什訳および唐の不空訳の二種があり、くわしくは前者を仁王般若波羅蜜経、後者を仁王護国般若波羅蜜多経という。この経を受持することによって、災害をはらい、福をもたらすと信ぜられ、法華経・金光明経とともに護国三部経として尊ばれた。仁王経。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android