仇を恩で報ずる(読み)あたをおんでほうずる

  • =徳(とく)で
  • あた
  • を =恩(おん)で
  • 報(ほう)ずる

精選版 日本国語大辞典の解説

恨みのあるものに対し、かえって情けをかける。うらみに報ゆるに徳をもってす。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「『よし、あたはとくをもちてとぞいふなる』とて、とらせつ」
※平家(13C前)二「『今にはじめぬ事なれ共、内府(だいぶ)が心のうちこそはづかしけれ。怨(あた)をば恩をもって報ぜられたり』とぞ仰ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報