内府(読み)ないふ

精選版 日本国語大辞典「内府」の解説

ない‐ふ【内府】

[1] 〘名〙 内大臣(ないだいじん)別称。だいふ。
[2] 謡曲。小松重盛は父清盛が後白河法皇を攻めようとしていると聞いてかけつけ、父をいさめて計画をやめさせる。廃曲。

だい‐ふ【内府】

〘名〙 内大臣(ないだいじん)の唐名。
※権記‐正暦四年(993)正月二八日「参内府、大饗也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内府の言及

【内大臣】より

…(1)太政官の官職名で,左・右大臣に次ぐ大臣の称。令の制度には規定のない令外官(りようげのかん)で,〈うちのおおいまうちぎみ〉〈うちのおとど〉などとも称し唐名を内府(ないふ),内丞相(ないじようしよう),内相府(ないしようふ)と呼び,三公の一つとされた。669年(天智8)内臣(ないしん)藤原鎌足が任じられたのが初見である。…

※「内府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android