コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井貞吉(読み)いまい さだきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井貞吉 いまい-さだきち

1831-1903 幕末-明治時代の殖産家,博物家。
天保(てんぽう)2年9月21日生まれ。土佐高知藩町方下横目をつとめ,のち堺で医師となる。大阪で岩崎弥太郎と土佐商会をおこし,明治初年帰郷後は共立社をつくり,和紙製造などで士族授産につくす。古銭を収集し,「古泉大全」30巻をあらわした。明治36年3月27日死去。73歳。号は風山,風山軒。名は「ていきち」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

今井貞吉

没年:明治36.3.27(1903)
生年天保2(1831)
幕末の土佐(高知)藩の下級吏僚。博物学者。一時,町方下横目となったことがある。古銭に関心を持ち,趣味を兼ねた研究生活を送り,『古泉大全』30巻を完成。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android