コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井貞吉 いまい さだきち

2件 の用語解説(今井貞吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井貞吉 いまい-さだきち

1831-1903 幕末-明治時代の殖産家,博物家。
天保(てんぽう)2年9月21日生まれ。土佐高知藩町方下横目をつとめ,のち堺で医師となる。大阪で岩崎弥太郎と土佐商会をおこし,明治初年帰郷後は共立社をつくり,和紙製造などで士族授産につくす。古銭を収集し,「古泉大全」30巻をあらわした。明治36年3月27日死去。73歳。号は風山,風山軒。名は「ていきち」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今井貞吉

没年:明治36.3.27(1903)
生年:天保2(1831)
幕末の土佐(高知)藩の下級吏僚。博物学者。一時,町方下横目となったことがある。古銭に関心を持ち,趣味を兼ねた研究生活を送り,『古泉大全』30巻を完成。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今井貞吉の関連キーワード片山正敬寺田彦太郎中島以政西谷右門正木林作柳田藤吉山本尚徳湯地平生三横田保脇坂周伯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone