古銭(読み)コセン

デジタル大辞泉「古銭」の解説

こ‐せん【古銭/古泉】

、通用したぜに。いぜに。
近世寛永通宝以前の古い貨幣。また、中国から渡った開元通宝永楽銭など。⇔新銭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「古銭」の解説

【古銭】こせん

古貨。

字通「古」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の古銭の言及

【古銭学(古泉学)】より

…メダルとは記念牌(はい)や徽章(きしよう)の類で,ある事件や人物を記念して作られたもの。古銭学はこれらの形や大きさ,銘文や意匠,成分の金属,機能,芸術的価値などを研究の対象とする。とくに貨幣では,その単位や重量,それを支配している理論や法則,異なったグループ間の相互関係などが問題となる。…

※「古銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android