コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今内裏 イマダイリ

デジタル大辞泉の解説

いま‐だいり【今内裏】

皇居が焼失したときなどの仮の皇居。
「―の東(ひむがし)をば北の陣といふ」〈・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いまだいり【今内裏】

皇居が焼失したときなどの仮の皇居。里内裏。 「 -のひむがしをば北の陣といふ/枕草子 12

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の今内裏の言及

【里内裏】より

…平安宮の外に平安京街に設けられた皇居。今内裏,里亭皇居,里内(さとだい)などの称もあるが,とくに大内(だいだい)と併称して里内の称が多く用いられた。 960年(天徳4)平安内裏がはじめて焼亡すると,村上天皇は累代の後院(ごいん)(離宮の一種)である冷泉(れいぜい)院に移ったが,976年(貞元1)ふたたび内裏が焼失し,円融天皇は太政大臣藤原兼通の堀河第に移って約1年間これを皇居とした。…

※「今内裏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今内裏の関連キーワードきときと里内裏皇居

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android