コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今内裏 イマダイリ

2件 の用語解説(今内裏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いま‐だいり【今内裏】

皇居が焼失したときなどの仮の皇居。
「―の東(ひむがし)をば北の陣といふ」〈・一二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の今内裏の言及

【里内裏】より

…平安宮の外に平安京街に設けられた皇居。今内裏,里亭皇居,里内(さとだい)などの称もあるが,とくに大内(だいだい)と併称して里内の称が多く用いられた。 960年(天徳4)平安内裏がはじめて焼亡すると,村上天皇は累代の後院(ごいん)(離宮の一種)である冷泉(れいぜい)院に移ったが,976年(貞元1)ふたたび内裏が焼失し,円融天皇は太政大臣藤原兼通の堀河第に移って約1年間これを皇居とした。…

※「今内裏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone