コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼亡 ショウボウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぼう〔セウバウ〕【焼亡】

[名](スル)焼けてなくなること。焼失。しょうもう。「大火で神社仏閣が焼亡する」

しょう‐もう〔セウマウ〕【焼亡】

《古くは「じょうもう」》「しょうぼう(焼亡)」に同じ。
「ある時には内裏に―あるにも」〈今昔・二四・二四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぼう【焼亡】

( 名 ) スル
〔古くは「しょうもう」「じょうもう」とも〕
焼けうせること。焼けてなくなること。 「七堂伽藍がらんことごとく-した」

しょうもう【焼亡】

( 名 ) スル
〔古くは「じょうもう」〕
焼けてなくなること。
火事。 「 -ありし夜、御とぶらひに参らせ給へりし有様こそ/大鏡 伊尹

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

焼亡の関連キーワード法隆寺再建非再建論争左近の桜・右近の橘高陽院(邸宅)吉備津彦神社飛鳥板蓋宮跡延暦寺焼打天明の大火近江大津宮成形図説飛鳥美術大村純忠富小路殿大内裏図滋賀の都藤原長房七堂伽藍武徳殿室町殿西陣焼平泉寺

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼亡の関連情報