コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼亡(読み)ショウボウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぼう〔セウバウ〕【焼亡】

[名](スル)焼けてなくなること。焼失。しょうもう。「大火で神社仏閣が焼亡する」

しょう‐もう〔セウマウ〕【焼亡】

《古くは「じょうもう」》「しょうぼう(焼亡)」に同じ。
「ある時には内裏に―あるにも」〈今昔・二四・二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぼう【焼亡】

( 名 ) スル
〔古くは「しょうもう」「じょうもう」とも〕
焼けうせること。焼けてなくなること。 「七堂伽藍がらんことごとく-した」

しょうもう【焼亡】

( 名 ) スル
〔古くは「じょうもう」〕
焼けてなくなること。
火事。 「 -ありし夜、御とぶらひに参らせ給へりし有様こそ/大鏡 伊尹

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android