コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川仲秋 いまがわ なかあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今川仲秋 いまがわ-なかあき

?-? 南北朝-室町時代の武将。
今川範国の子。兄今川了俊の養子。九州探題となった兄とともに応安4=建徳2年(1371)九州にいき,肥前守護となる。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)・尾張(おわり)(愛知県)守護。兄からおくられた戒めは「今川状」とよばれ,江戸時代から明治のはじめまで子供たちの教科書としてつかわれた。初名は国泰。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今川仲秋の関連キーワード今川国泰長瀬泰貞阿蘇惟武室町時代今川範国南北朝

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android