コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川仲秋 いまがわ なかあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今川仲秋 いまがわ-なかあき

?-? 南北朝-室町時代の武将。
今川範国の子。兄今川了俊の養子。九州探題となった兄とともに応安4=建徳2年(1371)九州にいき,肥前守護となる。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)・尾張(おわり)(愛知県)守護。兄からおくられた戒めは「今川状」とよばれ,江戸時代から明治のはじめまで子供たちの教科書としてつかわれた。初名は国泰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今川仲秋の関連キーワード今川国泰長瀬泰貞阿蘇惟武室町時代今川範国南北朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android