コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川仲秋 いまがわ なかあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今川仲秋 いまがわ-なかあき

?-? 南北朝-室町時代の武将。
今川範国の子。兄今川了俊の養子。九州探題となった兄とともに応安4=建徳2年(1371)九州にいき,肥前守護となる。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)・尾張(おわり)(愛知県)守護。兄からおくられた戒めは「今川状」とよばれ,江戸時代から明治のはじめまで子供たちの教科書としてつかわれた。初名は国泰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android