コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川状 いまがわじょう

3件 の用語解説(今川状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今川状
いまがわじょう

室町時代の初期,今川了俊 (貞世) が弟仲秋のために記した家訓。政治,生活,教養など武士の心得を 23ヵ条にまとめたもので,中世の家訓のなかでも代表的なものである。近世になって,『今川状』『大橋流今川状』『今川童蒙解』という名で流布し,寺子屋教科書などに多く用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いまがわじょう〔いまがはジヤウ〕【今川状】

今川了俊(いまがわりょうしゅん)が弟の仲秋に与えた家訓。23か条の道徳訓で、江戸時代、子供の手習い本、修身書とされた。今川壁書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いまがわじょう【今川状】

〔正しくは「今川了俊対愚息仲秋制詞条条」〕
家訓。一巻。今川了俊が自らの養子である弟の仲秋に対して遺のこした訓戒書。1630年、「今川帖」として刊行されて以来広く普及し、近世の児童教育に多大の影響を与えた。今川壁書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今川状の関連キーワード今川了俊今川女今川愚息仲秋箕の手冷泉派今川貞臣今川仲秋沢田きち

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone