コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川状 いまがわじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今川状
いまがわじょう

室町時代の初期,今川了俊 (貞世) が弟仲秋のために記した家訓。政治,生活,教養など武士の心得を 23ヵ条にまとめたもので,中世の家訓のなかでも代表的なものである。近世になって,『今川状』『大橋流今川状』『今川童蒙解』という名で流布し,寺子屋の教科書などに多く用いられた。また『寺子今川状』『百姓今川淮状』などのように「今川」の名を借用した派生的な教科書も出回り,他方では『女今川』のように女子教訓書として流行したものまであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いまがわじょう【今川状】

〔正しくは「今川了俊対愚息仲秋制詞条条」〕
家訓。一巻。今川了俊が自らの養子である弟の仲秋に対して遺のこした訓戒書。1630年、「今川帖」として刊行されて以来広く普及し、近世の児童教育に多大の影響を与えた。今川壁書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今川状の関連キーワード今川仲秋沼田月斎沢田きち梅沢敬典往来物式状

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android