コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村虎成 いまむら とらなり

2件 の用語解説(今村虎成の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

今村虎成

江戸後期の国学者。土佐高知藩士。土佐生。字は子成、通称は丹次・楽、号は渋柿蒂成・下手的。谷真潮に学び、京都詰めとなり本居宣長に入門。著書に『花園日記』『虎成和歌集』等がある。文化7年(1810)歿、46才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村虎成 いまむら-とらなり

1765-1810 江戸時代後期の国学者。
明和2年生まれ。土佐高知藩士。谷真潮(ましお)にまなぶ。寛政11年京都詰めとなり,本居宣長(もとおり-のりなが)に入門。宣長に土佐ではジ,ヂ,ズ,ヅの四つの仮名を区別して発音していることをおしえた。万葉風の歌人で,白文の「古万葉集」を刊行。文化7年11月14日死去。46歳。字(あざな)は子成。通称は丹次,楽(たぬし)。号は渋柿蔕成(へたなり)。著作に「虎成和歌集」「花園日記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

今村虎成の関連キーワード弘正方国学者加藤千年蔵田花子三鍼那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone