コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村虎成 いまむら とらなり

美術人名辞典の解説

今村虎成

江戸後期の国学者。土佐高知藩士。土佐生。字は子成、通称は丹次・楽、号は渋柿蒂成・下手的。谷真潮に学び、京都詰めとなり本居宣長に入門。著書に『花園日記』『虎成和歌集』等がある。文化7年(1810)歿、46才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村虎成 いまむら-とらなり

1765-1810 江戸時代後期の国学者。
明和2年生まれ。土佐高知藩士。谷真潮(ましお)にまなぶ。寛政11年京都詰めとなり,本居宣長(もとおり-のりなが)に入門。宣長に土佐ではジ,ヂ,ズ,ヅの四つ仮名を区別して発音していることをおしえた。万葉風の歌人で,白文の「古万葉集」を刊行。文化7年11月14日死去。46歳。字(あざな)は子成。通称は丹次,楽(たぬし)。号は渋柿蔕成(へたなり)。著作に「虎成和歌集」「花園日記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今村虎成の関連キーワード武藤平道稲毛実今村楽

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android