コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今泉今右衛門(13代) いまいずみ いまえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今泉今右衛門(13代) いまいずみ-いまえもん

1926-2001 昭和後期-平成時代の陶芸家。
大正15年3月31日生まれ。父の12代今右衛門に色鍋島(いろなべしま)をまなぶ。昭和32年日展初入選。54年日本伝統工芸展NHK会長賞。伝統の色鍋島に染付吹墨(ふきずみ),薄墨(うすずみ)などの技法をとりいれた作風をきずく。平成元年色絵磁器で人間国宝。平成13年10月13日死去。75歳。佐賀県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は善詔。作品に「色鍋島薄墨露草文鉢」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今泉今右衛門(13代)の関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆アトリエ・ワンプドフキン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android