色鍋島(読み)イロナベシマ

大辞林 第三版の解説

肥前鍋島家の御用窯であった大河内焼の色絵物。赤・緑・黄を主色とし、絵付けはきわめて精緻せいち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鍋島焼のなかで、赤、緑、黄のあざやかに彩色したもの。皿がおもで、端正な形、広く高い高台、内面の華麗な色絵、高台の櫛歯紋(くしばもん)などを特徴とする。色絵鍋島。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の色鍋島の言及

【陶磁器】より

…当初は李朝風の素朴な染付磁器であったが,寛永末年から正保年間(1640年代)にかけて,明末の染付,赤絵の影響を受け,酒井田柿右衛門によって赤絵の焼造が始められると,有田の窯業は急速な成長をみた。有田における磁器焼造に着目した鍋島藩はすでに1628年(寛永5),有田岩谷川内に藩窯を設け,御用品の焼造を行っていたが,柿右衛門の赤絵磁器が始まると,その技法を用いて色鍋島と呼ばれる精巧な色絵磁器を焼かせるようになり(鍋島焼),有田磁器における伊万里,柿右衛門,鍋島の3様式の確立をみた。以後,江戸時代を通じて有田磁器は国内市場の大半を独占し,さらに大量の海外輸出によって発展を遂げ,日本窯業の中心的な位置を占めるにいたった。…

【鍋島焼】より

…大半は皿で占められ,径をさだめ,最上質の材料をつかって色絵,染付,青磁など各種の磁器をつくった。とくに色絵は色鍋島とよばれて声価が高い。元禄期(1688‐1704)の製品が最も水準が高く,しだいに作風はおとろえてゆき,1871年(明治4)に民間に委譲された。…

※「色鍋島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

色鍋島の関連情報