コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今関天彭 いまぜき てんぽう

2件 の用語解説(今関天彭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

今関天彭

中国文芸研究家・漢詩人。千葉県生。本名は寿麿。祖父琴美・石川鴻斎・森槐南・国分青涯に師事。『国民新聞』『国民雑誌』の記者・朝鮮総督府嘱託を経て北京に今関研究室を設け中国事情の研究に従事、のち南京大講師を務める。また東京で漢詩雑誌『雅友』を発行した。著書に『東洋画論集成』『天彭詩集』等がある。昭和45年(1970)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今関天彭 いまぜき-てんぽう

1882-1970 明治-昭和時代の漢詩人,中国研究家。
明治15年6月19日生まれ。石川鴻斎(こうさい),森槐南(かいなん)らにまなぶ。朝鮮総督府嘱託などをへて,大正7年今関研究室を北京に設立。昭和17年重光葵(まもる)駐華大使顧問。戦後,漢詩雑誌「雅友」を創刊。昭和45年10月19日死去。88歳。千葉県出身。本名は寿麿。著作に「近代支那の学芸」「天彭詩集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

今関天彭の関連キーワード久保天随湯本求真磯野秋渚押田翠雨片口江東佐久節素木得一土屋竹雨服部担風山下寅次

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone