コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢詩文 かんしぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢詩文
かんしぶん

中国古来の詩文,また日本人がそれにならって漢字のみを用いてつくった詩文。初め大陸からの渡来人が書き,やがて在来の日本人もそれを範としたとみられる。推古4(596)年の伊予道後温湯碑文,推古12(604)年の十七条憲法が最初期の漢文で,奈良時代には漢詩集『懐風藻』が編纂された。平安時代前期にも勅撰漢詩集が 3集つくられ,作者には空海都良香菅原道真らがいた。中期には『本朝文粋』などが編まれ,中国の『白氏文集』『文選』が大きな影響を与えた。鎌倉時代はやや衰えたが,末期から室町時代にかけて五山禅僧によって五山文学がつくられた。江戸時代は儒学(→儒教)の全盛期で,前期には伊藤仁斎の古学派,荻生徂徠古文辞学派山崎闇斎の崎門学派(きもんがくは),中江藤樹熊沢蕃山らの陽明学派などがあり,中期には服部南郭菅茶山,後期には頼山陽斎藤拙堂らの優れた作家が出た。明治になると西洋の文学に圧倒され,衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんしぶん【漢詩文】

漢籍の日本への伝来は,記紀によれば応神朝とされ,ほぼ4,5世紀ごろアジア大陸の文物や中国の古典や小学書が将来された。ただし漢字などはそれ以前にある程度伝えられていたかと思われる。以後帰化人の知識層に導かれて日本人の漢文学習が開始されたが,漢文は本来は日本語とはまったく構造の異なった言語であり,それを読み書きし,自由に駆使するには大きな困難と多くの年月を要した。
【古代】
 6世紀の仏教経典の渡来は,漢字漢文の習熟の必要をいっそう高めるものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

漢詩文の関連キーワード雁字鶯梭・雁字鴬梭今出河院近衛本朝続文粋秋夜長物語新撰朗詠集和漢朗詠集白髪三千丈梁田蛻巌慶滋保胤江村北海花月新誌白鳳文化大町桂月朝野群載久米幹文石田元季亀井幻庵具平親王稲垣錦荘皆川淇園

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漢詩文の関連情報