コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森槐南 もり かいなん

7件 の用語解説(森槐南の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

森槐南

古注学者・漢詩人。名古屋生。名は公泰、通称は泰治郎、字は大来、別号に秋波禅侶・菊如澹人等。鷲津毅堂三島中洲らに師事し、隋鴎吟社を興した。宮内大臣秘書官・式部官を歴任。明治44年(1911)歿、48才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もり‐かいなん〔‐クワイナン〕【森槐南】

[1863~1911]漢詩人。愛知の生まれ。春濤(しゅんとう)の子。本名、公泰。字(あざな)は大来(たいらい)。明治漢詩壇の第一人者といわれた。著「唐詩選評釈」「古詩平仄(ひょうそく)論」「槐南集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森槐南 もり-かいなん

1863-1911 明治時代の漢詩人。
文久3年11月16日生まれ。森春濤(しゅんとう)の子。太政官につとめ宮内大臣秘書官,式部官を歴任。明治漢詩壇の中心的存在で,「新詩綜」を主宰,随鴎吟社(ずいおうぎんしゃ)をおこした。明治44年3月7日死去。49歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は公泰。字(あざな)は大来。通称は泰二郎。漢詩集に「槐南集」「浩蕩詩程」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森槐南

没年:明治44.3.7(1911)
生年:文久3.11.16(1863.12.26)
明治時代の漢詩人。名は公泰,字は大来,通称は泰二郎,号は槐南,秋波禅侶,菊如澹人など。森春濤 の子として名古屋に生まれた。初めは父に詩を,清国人金嘉穂に漢学を学び,上京後は鷲津毅堂,三島中洲 に師事した。明治14(1881)年に太政官に出仕して以後,枢密院属,図書寮編集官,式部官などを歴任,帝国大学文科大学講師として中国文学を講じた。父親譲りの清詩を標榜した才気溢れる絢爛たる詩をよくし,23年には星社,37年には随鴎吟社を興して詩壇に君臨。また三条実美,伊藤博文など明治政府の要人の愛顧を受け,42年には伊藤博文に随行してハルビンで難に遭い,銃創を負った。『槐南集』『槐南遺稿』『補春天伝奇』『唐詩選評釈』などの著書がある。<参考文献>『日本漢詩』下(新釈漢文大系),入谷仙介『近代文学としての明治漢詩』

(揖斐高)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もりかいなん【森槐南】

1863‐1911(文久3‐明治44)
漢詩人。名古屋の生れ。森春濤(しゆんとう)の末子。名は公泰,字は大来,通称泰二郎,号は槐南。14歳のとき父に従って上京し,鷲津毅堂,三島中洲らに就いて漢学を修めた。1881年太政官に出仕し,以後,図書寮編集官,式部官等を歴任,晩年には東京帝大文科大学講師を兼ねた。博識で能吏の風があり,終始伊藤博文の後援をうけた。大沼枕山,春濤なきあとの詩壇再興に尽くし,90年に結成された詩社星社の盟主に推された。94年星社解散後は雑誌《新詩綜》《随鷗集》を刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もりかいなん【森槐南】

1863~1911) 漢詩人。名古屋の生まれ。本名は公泰、字あざなは大来たいらい。春濤しゆんとうの子。当代漢詩壇の第一人者とされた。著「古詩平仄論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森槐南
もりかいなん

[生]文久3(1863).11.16. 尾張,名古屋
[没]1911.3.7. 東京
漢詩人。本名,公泰。漢詩人森春濤の子。『補春天伝奇』 (1880) の発表の翌年太政官に出仕,図書,宮内の職を経て東京大学文科講師になった。『新詩綜』を創刊 (99) ,随鴎吟社を起す (1904) など,漢詩の発展に寄与した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森槐南の言及

【漢詩文】より

…漢詩ではまず小野湖山,岡本黄石,大沼枕山(ちんざん)らが現れ,陸游,蘇東坡(蘇軾(そしよく)),黄山谷(黄庭堅)らの宋詩を重んじて詩壇を指導した。ついで現れた森春濤(しゆんとう)・森槐南(かいなん)父子は婦女子の恋愛の感情を詠んだ香奩(こうれん)体の詩や,袁枚(えんばい),趙翼,張船山(張問陶),王漁洋(王士禎)らの清詩をさかんに鼓吹し,本田種竹らとともに明治詩壇(ことに後期)における清詩の流行をもたらした。槐南の門からは野口寧斎が出て詩名をうたわれたが,当時これらの人々と独立して活躍していたのが成島柳北,長三洲らである。…

【国分青厓】より

…藩学養賢堂に学んだのち上京し,1889年新聞《日本》の創刊に加わり時事を風刺する〈評林〉詩欄を担当して注目を集め,同紙廃刊後は《日本及日本人》に拠ってこの欄を続けた。90年9月,本田種竹らと森槐南を盟主とする詩社星社を復興し漢詩人としての地位を確立したが,種竹・槐南らの没後は大正・昭和にかけての漢詩壇の中心となった。《大正詩文》《斯文》に寄稿したほか《昭和詩文》を主宰し,1937年には芸術院会員に選ばれた。…

※「森槐南」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森槐南の関連キーワード村上仏山鈴木松塘本田昂斎植村蘆洲片口江東木内芳軒鱸采蘭関根痴堂松田秋水山田新川

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone