真実(読み)しんじつ

精選版 日本国語大辞典「真実」の解説

しん‐じつ【真実】

[1] 〘名〙 (形動)
① うそでないこと。偽りでないこと。また、そのさま。ほんとう。誠。しんじち。
※菅家文草(900頃)四・仁和四年、自春不雨。府之少北、有一蓮池「善根道断呼甘樹実謀窮稔福田
※今昔(1120頃か)五「若し真実の言を致さば我が身本の如く可平復し」 〔陸雲‐与戴季甫書〕
② 仏語。仮でないこと。永久にかわらない絶対究極のまことのもの。また、そのようなさま。しんじち。
※法華義疏(7C前)一「真実者。謂今日一。此一当実非虚。故称真実也」 〔勝鬘経‐真実義功徳章〕
[2] 〘副〙 ほんとうに。たしかに。まったく。すっかり。
平家(13C前)七「木曾真実意趣なきよしをあらはさんがために」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「イヤイヤこればかりは実ぢゃ真実ほんまの事ぢゃ」

しん‐じち【真実】

〘名〙 (形動) (「じち」は「実」の呉音)
※伊勢物語(10C前)四〇「いとかくしもあらじと思に、しんじちに絶えいりにければ」
※虎明本狂言・靫猿(室町末‐近世初)「是はいかな事それはおざれ事でござらふ。〈略〉いやしんじちじゃ」
※浄土三経往生文類(1257)「この真実(シンジチ)の称名と真実の信楽をえたる人は、すなはち正定聚のくらゐに住せしめむとちかひたまへるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「真実」の解説

しん‐じつ【真実】

[名・形動]
うそ偽りのないこと。本当のこと。また、そのさま。まこと。「真実を述べる」「真実な気持ち」
仏語。絶対の真理。真如。
[派生]しんじつさ[名]
[副]本当に。確かに。「真実情けない思いをした」
[類語]真理うつつ事実本当真相現実実情実態実際史実真正実の正真正銘紛れもない他ならない有りのまま有りよう事情実況実相得体現実現実的実際的実地現に臨場感リアルまこと本に本当まことに実に真に全くまさにまさしくひとえにせつげに現にほとほとすっかりつくづく全く以て何とも実以て真個真正正真しょうしん事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんま正真正銘いかにも

しん‐じち【真実】

[名・形動ナリ]しんじつ(真実)」に同じ。
「―に絶え入りにければ、まどひて願たてけり」〈伊勢・四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「真実」の解説

【真実】しんじつ

まことあること。・陸雲〔戴季甫に与ふる書、五〕に當りてり、心懸をふ。粹沈、思に居りみ、心を秉(と)ること眞實、~欽愛、款然(くわんぜん)至實なり。

字通「真」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android