他流試合(読み)タリュウジアイ

  • たりゅうじあい タリウじあひ
  • たりゅうじあい〔タリウじあひ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 武芸などで、他の流儀の人と試合をすること。
※雑俳・俳諧觿‐一九(1809)「他流試合に勝て来る弟子」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

武芸などで、他の流儀の人と試合をすること。

[使用例] 私はちょうど他流試合でもする人のようにKを注意して見ていたのです[夏目漱石*こゝろ|1914]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

他流試合の関連情報