コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付師 ツケシ

大辞林 第三版の解説

つけし【付師】

歌舞伎用語。
下座音楽の選曲・作曲をする人。
上演に必要な衣装・鬘かつら・小道具などの付け帳を作成する人。狂言作者が担当する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

付師の関連キーワードマリ・クロード ピエトラガラオーギュスト ブルノンヴィル藤間 勘右衛門(2代目)ウラジーミル マラーホフウラジーミル ワシリエフフレデリック アシュトンサー・ケネス マクミランヴァツラフ ニジンスキーアントニー チューダー藤間 勘十郎(7代目)花柳 寿輔(2代目)モーリス ベジャールルドルフ ヌレーエフ西川 鯉三郎(初代)マイヤ プリセツカヤ西川 扇蔵(8代目)中村京十郎(初代)世家真大助(2代)ケネス マクミラン中村伝次郎(2代)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

付師の関連情報