コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付師 ツケシ

大辞林 第三版の解説

つけし【付師】

歌舞伎用語。
下座音楽の選曲・作曲をする人。
上演に必要な衣装・鬘かつら・小道具などの付け帳を作成する人。狂言作者が担当する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

付師の関連キーワードマリ・クロード ピエトラガラオーギュスト ブルノンヴィルフレデリック アシュトンヴァツラフ ニジンスキーウラジーミル ワシリエフサー・ケネス マクミラン藤間 勘右衛門(2代目)藤間 勘十郎(7代目)マイヤ プリセツカヤ西川 鯉三郎(初代)B.F. ニジンスカ花柳 寿輔(2代目)ルドルフ ヌレーエフ藤間勘十郎(2代)ケネス マクミラン中村伝次郎(2代)世家真大助(2代)中村京十郎(初代)ローラン プティジョン クランコ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android