狂言作者(読み)きょうげんさくしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂言作者
きょうげんさくしゃ

歌舞伎の座付脚本作者。古くは「狂言作り」といった。初期には,俳優が作者を兼ね,富永平兵衛近松門左衛門の頃から専業化した。元禄期以降は,作者部屋の合作制をとり,立作者二枚目三枚目狂言方,見習いなどに階級制度化した。宝暦,天明期の並木正三並木五瓶,化政期の鶴屋南北,幕末の瀬川如皐 (じょこう) ,河竹黙阿弥らが有名。明治に入って,劇壇外に作者が求められるようになったため,舞台進行,プロンプターなどをつとめるようになり今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうげんさくしゃ【狂言作者】

歌舞伎で、劇場専属の脚本作者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狂言作者
きょうげんさくしゃ

歌舞伎(かぶき)作者ともいう。文字どおり歌舞伎狂言をつくる作者である。しかし、このことばの内容には変遷があり、現在は、拍子木を打ったり、陰でせりふをつけたりするなど、かつての「狂言方」の職掌であった仕事を担当している。初期の歌舞伎には専業の作者はなく、「口立(くちだ)て」といって俳優同士の話し合いによって筋をこしらえていた。狂言が長くなり内容が複雑化するにしたがい、専門の作者が必要になり、1680年(延宝8)11月の顔見世番付(かおみせばんづけ)に、富永平兵衛(へいべえ)が「狂言作り」と明記したのが狂言作者独立の端緒とされている。それも初めは俳優の兼業が多かったが、近松門左衛門に至って狂言作者専業の時代となる。貞享(じょうきょう)・元禄(げんろく)期(1684~1704)の河原崎権之助(かわらさきごんのすけ)、市川団十郎(三升屋兵庫(みますやひょうご))、享保(きょうほう)期(1716~36)の津打治兵衛、沢村宗十郎、宝暦(ほうれき)・明和(めいわ)・安永(あんえい)期(1751~81)の並木正三(しょうざ)、奈河亀輔(ながわかめすけ)、寛政(かんせい)から文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1789~1830)の並木五瓶(ごへい)、桜田治助(じすけ)、鶴屋南北、嘉永(かえい)・安政(あんせい)期(1848~60)の3世瀬川如皐(じょこう)、河竹黙阿弥(もくあみ)らは代表的な狂言作者である。江戸時代の狂言作者は、中心となって作品全体の構想をたてる立(たて)作者のもとに、二枚目、三枚目の作者がいて、立作者の指導により軽い場の執筆を担当していた。さらにその下に狂言方と見習いがいて、作者制度が厳しく守られていた。[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうげん‐さくしゃ キャウゲン‥【狂言作者】

〘名〙 歌舞伎狂言の作者の総称。座付作者、脚本作者のこと。古くは狂言つくりともいった。宝暦(一七五一‐六四)以後は立作者、二・三枚目、狂言方、見習いの四階級に分かれ、実際に狂言制作をするのは二枚目以上で、それ以下は舞台監督、演出事務を行なった。また、明治時代、脚本家の意に用いられることもあった。
※歌舞伎・武道達者(1693)「狂言作者 富長平兵衛 平山豊後」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android