コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付帳 つけちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付帳
つけちょう

演劇の上演に必要な大道具 (装置) ,小道具,衣装,かつら,音楽 (歌舞伎では下座という) などを,幕や場あるいは役ごとに書出した帳面。歌舞伎から出た名称で,この付帳をもとにそれぞれの係が指定に従って作製したり,調達したりする。大道具の付帳は特に道具帳と呼ばれる。昔からのならわしで,半紙を横二つ折りにし,表紙中央に演目と何々付帳と縦書きし,左右に上演年月日,劇場名,劇団名などを記すのが普通である。半紙二つ折りの縦本を用いることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つけ‐ちょう〔‐チヤウ〕【付(け)帳】

芝居上演に必要な大道具・小道具・衣装・かつらなどの品目、また下座音楽の指定などを、それぞれ別冊に分け、幕ごとに書き出したもの。付(つけ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

付帳の関連キーワード家数人馬改帳太田犬丸名有毛検見年貢割付部落問題木綿検見池田荘出雲荘楊本荘坪付水橋厘取勧進

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

付帳の関連情報