付帳(読み)つけちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付帳
つけちょう

演劇の上演に必要な大道具 (装置) ,小道具,衣装,かつら,音楽 (歌舞伎では下座という) などを,幕や場あるいは役ごとに書出した帳面。歌舞伎から出た名称で,この付帳をもとにそれぞれの係が指定に従って作製したり,調達したりする。大道具の付帳は特に道具帳と呼ばれる。昔からのならわしで,半紙を横二つ折りにし,表紙中央に演目と何々付帳と縦書きし,左右に上演年月日,劇場名,劇団名などを記すのが普通である。半紙二つ折りの縦本を用いることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つけ‐ちょう〔‐チヤウ〕【付(け)帳】

芝居上演に必要な大道具・小道具・衣装・かつらなどの品目、また下座音楽の指定などを、それぞれ別冊に分け、幕ごとに書き出したもの。付(つけ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

付帳の関連情報