仙室(読み)せんしつ

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐しつ【仙室】

〘名〙 仙人の住まい。仙人の居所。また、俗世間を離れた住まい。
※和漢朗詠(1018頃)下「丹竈に道成りて仙室静かなり、山中の景色は月華垂れり〈菅原文時〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android