コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙石廬元坊 せんごく ろげんぼう

美術人名辞典の解説

仙石廬元坊

廬元。美濃の人。支考門。延享4年(1747)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙石廬元坊 せんごく-ろげんぼう

1688/91-1747 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)元/4年生まれ。各務支考(かがみ-しこう)の門人。美濃(みの)派の基礎をきずく。北陸地方を旅して「桃の首途(かどで)」を,西国を旅して「藤の首途」をあらわす。享保(きょうほう)17年支考の追善集「文星観」を編集,刊行した。延享4年5月10日死去。57/60歳。美濃(岐阜県)出身。別号に里紅,黄鸝園,茶話窟,獅子庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仙石廬元坊の関連キーワード佐々木松後神谷玄武坊田中五竹坊伊藤木児片山寸長片山周東佐方乙語加賀千代廬元坊

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android