コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

各務支考 かがみ しこう

8件 の用語解説(各務支考の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

各務支考

江戸前・中期の俳人。美濃生。別号に東華坊・西華坊・獅子庵等。蕉門十哲の一人。美濃派の始祖として、蕉風を全国に普及させた。『笈日記』『葛の松原』『俳諧十論』等多くの著作がある。享保16年(1731)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かがみ‐しこう〔‐シカウ〕【各務支考】

[1665~1731]江戸中期の俳人。美濃の人。別号、獅子庵・東華坊など。蕉門の十哲の一人。師の没後は美濃派の一流を開いた。著「笈日記」「葛(くず)の松原」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

各務支考【かがみしこう】

支考

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

各務支考 かがみ-しこう

1665-1731 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文5年生まれ。元禄(げんろく)3年松尾芭蕉(ばしょう)に入門し,晩年の芭蕉に随侍した。師の没後は,生地美濃(みの)(岐阜県)を本拠に地方行脚をかさねて蕉風の普及につとめ,美濃派とよばれる一大勢力をきずいた。蕉門十哲のひとり。享保(きょうほう)16年2月7日死去。67歳。本姓は村瀬。別号に東華坊,野盤子,獅子庵。著作に「葛(くず)の松原」など。
【格言など】俳諧は世の変相にして,風雅は志の行ところなり(「葛の松原」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

各務支考

没年:享保16.2.7(1731.3.14)
生年:寛文5(1665)
江戸前期の俳人。美濃国(岐阜県)の人。別号は野盤子(盤子とも),獅子庵など。また蓮二房,白狂などの変名を名乗った。元禄3(1690)年,松尾芭蕉に入門し,同5年には奥羽に行脚し,俳論書『葛の松原』を上梓した。同7年には『続猿蓑』を編集して蕉門俳人として確固たる地位を得た。芭蕉は向井去来宛書簡の中で,支考は役に立たない人物だと述べたのち,「なげぶし何とやらをどりなどで,酒さへ呑ば馬鹿尽し候へば,愚庵(芭蕉庵)気をつめ候事成り難く候」と報じており,師の芭蕉から軽薄なお調子者とみられていたことが分かるが,芭蕉が大坂で臨終の床にあったときは親身に看病し,遺言書の中で芭蕉から感謝の言葉を贈られるような誠実な一面もあった。 芭蕉死後の活躍は目覚ましく,東西に行脚して門弟を獲得し,また度々芭蕉追善の法会を催して蕉門俳諧の指導者としての地位を固め,美濃派と称される一大勢力を築いた。また実作の方面のみならず,『続五論』『俳諧十論』『十論為弁抄』などの俳論書を刊行して蕉門随一の論客としても活躍した。しかしその人格には問題も多く,特に正徳1(1711)年47歳のとき,みずから「終焉記」を書き,『阿誰話』という自分の追悼集を出版したいわゆる佯死事件は,世間を欺き芭蕉の権威を損なうものとして非難を浴びた。その後も美濃派は巨大化していったが,この要因は,俗談平話を俳諧の要諦とする彼の俳諧理論が,一般大衆に受け入れられたからである。それだけにまた俳諧の低俗化は避けられず,のちに彼は俳諧低俗化の張本人と見なされて俳魔と呼ばれ,美濃派は,中川(麦林舎)乙由の伊勢派とともに,支麦の徒という蔑称をもって呼ばれるようになった。しかし俳諧の大衆化こそ,支考の最大の功績であったというべきである。<参考文献>堀切実『支考年譜考証』,同『蕉風俳論の研究』,中村幸彦「支考論」(『中村幸彦著述集』9巻)

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かがみしこう【各務支考】

1665~1731) 江戸前・中期の俳人。別号、東華坊・西華坊・獅子庵など。美濃の生まれ。蕉門一の論客として俗語平談を旨として風姿風情を平易に説き蕉風の地方普及に尽力。美濃派の祖となった。著「葛の松原」「俳諧十論」「続五論」「本朝文鑑」「俳諧古今抄」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

各務支考
かがみしこう

[生]寛文5(1665).美濃,北野
[没]享保16(1731).2.7. 北野
江戸時代中期の俳人。別号,東華坊,西華坊,獅子庵,蓮二房など。諡号,梅花仏。松尾芭蕉晩年の門人で,『俳諧七部集』の一つ『続猿蓑』 (1698) の編に参与。芭蕉没後,美濃派の一風を樹立して全国各地の民衆の間に蕉風を普及させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

各務支考
かがみしこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の各務支考の言及

【支考】より

…江戸中期の俳人。姓は各務(かがみ)。別号は東華坊,西華坊,野盤子,変名に蓮二房(れんじぼう),白狂など,諡号(しごう)を梅花仏という。美濃山県郡北野(現,岐阜市)に生まれ,幼時仏門(禅宗)に入るがのち還俗,1690年(元禄3)近江で芭蕉に入門した。俳論書《葛の松原》を上梓し,《続猿蓑》の編集に協力したが,芭蕉没後は追善の事業や,九州,中国をはじめ数次の北陸への行脚等を通して,俳壇形成や俳諧の理論的普及につとめ,美濃派の俳諧の確立に力を尽くした。…

※「各務支考」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

各務支考の関連キーワード浅井正村浅見左逸阿形但秀尼坂好道半井和年岐阜県大垣市青野町岐阜県美濃市曽代岐阜県美濃市前野岐阜県美濃市蕨生各務東羽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

各務支考の関連情報