コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廬元坊 ろげんぼう

美術人名辞典の解説

廬元坊

江戸中期の俳人。美濃生。仙石氏。号は里紅・茶話仙等。各務支考門人。支考に勧められて西国行脚をする。著書に『桃の首途』『藤の首途』『文星観』等がある。延享4年(1747)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

廬元坊の関連キーワード佐々木松後仙石廬元坊神谷玄武坊田中五竹坊加賀千代伊藤木児大谷六枳片山周東片山寸長佐方乙語千代女松俊

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android