首途(読み)しゅと

精選版 日本国語大辞典「首途」の解説

しゅ‐と【首途】

〘名〙 出立すること。旅立ち。門出(かどで)
※本朝文粋(1060頃)七・贈藤原行成状〈大江匡衡〉「匡衡頓首再拝謹言。去月廿九日。今月二日入境著任」 〔北史‐纂連猛伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「首途」の解説

しゅ‐と【首途】

旅に出ること。旅立ち。かどで。「首途を見送る」
物事が始まること。また、始めること。かどで。「新生活の首途を祝する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android