コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙酔峡 センスイキョウ

デジタル大辞泉の解説

せんすい‐きょう〔‐ケフ〕【仙酔峡】

熊本県北東部にある峡谷。阿蘇(あそ)中央火口丘群の一つである高岳(標高1592メートル)北麓の東岳川上流、標高約800メートルに位置する涸(か)れ谷。長さ1.5キロメートル。阿蘇山が爆発したとき流れ出た溶岩流が造り出した。一帯はミヤマキリシマが自生し、約5万株の花が一斉に咲きピンク色に染まるようすから「仙人も酔うほどの美しい峡谷」の意で名付けられた。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕仙酔峡(せんすいきょう)


熊本県阿蘇(あそ)市一(いち)の宮(みや)町、阿蘇五岳の中(なか)岳(標高1506m)・高(たか)岳(同1592m)の北側山腹にある涸()れ谷。溶岩が露出した奇観を呈する。約4万本のミヤマキリシマが自生し、5~6月の開花期は行楽客でにぎわう。仙酔峡ロープウェイが中岳に通じ登山者も多い。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙酔峡
せんすいきょう

熊本県北東部、阿蘇(あそ)市一の宮町、阿蘇中央火口丘群の一つ高岳(1592メートル)の北麓(ほくろく)、標高800メートル付近にある溶岩露頭の多い特異な景観をなす東岳川上流の峡谷。一帯にはミヤマキリシマが群落をなしており、かつては阿蘇大宮司家が開花期の5月に、この地で「曲水の宴」を催したと伝えられる。また、JR豊肥(ほうひ)本線宮地(みやじ)駅から仙酔峡道路が通じ、車で約15分の位置にあることから、岩場登りを好む登山者のベースキャンプ地にもなっている。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仙酔峡の関連キーワード熊本県阿蘇市阿蘇五岳

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android