コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙酔峡 センスイキョウ

3件 の用語解説(仙酔峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんすい‐きょう〔‐ケフ〕【仙酔峡】

熊本県北東部にある峡谷。阿蘇(あそ)中央火口丘群の一つである高岳(標高1592メートル)北麓の東岳川上流、標高約800メートルに位置する涸(か)れ谷。長さ1.5キロメートル阿蘇山が爆発したとき流れ出た溶岩流が造り出した。一帯はミヤマキリシマが自生し、約5万株の花が一斉に咲きピンク色に染まるようすから「仙人も酔うほどの美しい峡谷」の意で名付けられた。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕仙酔峡(せんすいきょう)


熊本県阿蘇(あそ)市一(いち)の宮(みや)町、阿蘇五岳の中(なか)岳(標高1506m)・高(たか)岳(同1592m)の北側山腹にある涸()れ谷。溶岩が露出した奇観を呈する。約4万本のミヤマキリシマが自生し、5~6月の開花期は行楽客でにぎわう。仙酔峡ロープウェイが中岳に通じ登山者も多い。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙酔峡
せんすいきょう

熊本県北東部、阿蘇(あそ)市一の宮町、阿蘇中央火口丘群の一つ高岳(1592メートル)の北麓(ほくろく)、標高800メートル付近にある溶岩露頭の多い特異な景観をなす東岳川上流の峡谷。一帯にはミヤマキリシマが群落をなしており、かつては阿蘇大宮司家が開花期の5月に、この地で「曲水の宴」を催したと伝えられる。また、JR豊肥(ほうひ)本線宮地(みやじ)駅から仙酔峡道路が通じ、車で約15分の位置にあることから、岩場登りを好む登山者のベースキャンプ地にもなっている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙酔峡の関連キーワード阿蘇阿蘇山蘇陽峡はな阿蘇美一の宮[町]垂玉[温泉]阿蘇内牧[温泉]白水[村]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仙酔峡の関連情報