コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深山霧島 ミヤマキリシマ

デジタル大辞泉の解説

みやま‐きりしま【深山霧島】

ツツジ科の常緑低木。九州火山性の高い山に分布。枝は細かく分かれ、長楕円形の小さい葉を数枚ずつつける。5、6月ごろ、紅紫色の漏斗状の花を開く。庭木にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みやまきりしま【深山霧島】

九州の高山に群生するツツジの一種。落葉の小低木で横にはびこり、葉は小さい長楕円形。五月、枝頂に径約3センチメートルの紅紫色の花を二、三個ずつ開く。庭木ともされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

深山霧島 (ミヤマキリシマ)

学名:Rhododendron kiusianum
植物。ツツジ科の常緑低木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

深山霧島の関連キーワード雲仙温泉ツツジ落葉高山一種

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android